FSFE logo によるキャンペーン
FSFE logo によるキャンペーン

税金で作られたソフトがフリーソフトとして公開されないのはなぜ?

公共機関のために開発された公的資金によるソフトウェアは、フリー・オープンソースソフトウェアライセンスで一般公開することを義務付ける法律を制定してほしい。公的資金で作られたソフトは、コードも公的に公開されるべきです。

人々の税金によって作られたコードは、人々が利用できるようにしよう!

難しいと感じますか? そんなことはありません。簡単です。


もっと詳しく知る

Public Code を推進すべき理由


税金の有効活用

似たようなアプリケーションを毎回ゼロから作りなおす必要はありません。

協調

大規模プロジェクトでは、ノウハウやコストを共有できます。

公共の役に立つ

公的資金で作られたアプリケーションは、すべての人に提供されるべきです。

イノベーションの促進

透明性の高いプロセスは、車輪の再発明を防ぐことができます。

フリーソフトウェアは、すべての人にソフトウェアを使用、研究、共有、改良する権利を与えます。この権利は、言論、報道、プライバシーの自由など、他の基本的な自由を支えるものです。

あなたは、公的資金で提供されるソフトウェアには、フリーソフトウェアがデフォルトの選択肢であるべきだと思いますか? あなたの政治的代表者に伝えましょう!

オープンレターに署名しよう

EU各国の議員に伝えよう!


オープンレター に要望を記載しよう

“公共機関のために開発された公的資金によるソフトウェアは、フリー・オープンソースソフトウェアライセンスで一般公開することを義務付ける法律を制定してほしい。”

既に 207 の組織及び 31389 人の個人がオープンレターに署名してこのキャンペーンに賛同しています。皆さんに署名いただくことで、私たちの活動がよりインパクトのあるものになります! 私たちは、すべての署名を、行政におけるソフトウェアの自由について議論しているヨーロッパ中の代表者に手渡す予定です。



支持組織


下記の組織は私たちのオープンレターに賛同しています。あなたの組織が Public Code の取り組みへの参加について興味がある場合、contact@fsfe.org宛にご連絡ください。


世界に広げよう!

FSFEから最新のステッカーやフライヤーを購入する

プロモーション素材を入手する

友人やフォロワーに Public Code を伝えよう:

現在の署名数: 31389 - オープンレターに署名しましょう!